ホルミシス×コンパニオンプランツ

<コンパニオンプランツとは>
野菜には、共存共栄が可能な種類もあり、それぞれの特性を利用して成長を助けるなど、良い影響が生じる組み合わせを『コンパニオンプランツ(共生植物)』と称します。

ホルミシスウォーターを使用する前にまずは、コンパニオンプランツの知識を下記のサイトより得て頂ければ幸いです。

<コンパニオンプランツの効果>
1.害虫を予防・防除
2.病気を予防
3.成長促進・収穫期間短縮・収穫量増加
4.必要とする養分を供給・補給
5.空間の有効活用、農薬不使用に伴うコストダウン
他にも多数のメリットはありますが、皆様が家庭菜園や本当の野菜作りを目指している場合、無農薬栽培にチャレンジするかと思います。
(無農薬栽培にご興味がある方のみ、この先のページへお進みください)

<コンパニオンプランツの組み合わせ例>

主なコンパニオンプランツの組み合わせ例とその効果をまとめています。

主とする野菜 コンパニオンプランツ 効果
「アブラナ科の野菜」カブ
キャベツ
コマツナ
ダイコン
チンゲンサイ
ハクサイ
ブロッコリー
ミズナ
ミブナ
など
「キク科の野菜」シュンギク
レタス
など
キク科特有の香りが、アブラナ科につく害虫「モンシロチョウ(アオムシ)」「コナガ」などの飛来を防ぎ、幼虫による食害を軽減する。
キュウリ
トマト
ナス
ニラ
ニンニク
ネギ
ネギ科植物の根に共生する拮抗菌が「青枯病」「立枯病」の病原菌を抑える。
キュウリ ネギ ネギの根に共生する拮抗菌が、キュウリの代表的な土壌病害「つる割病」を防ぐ
ゴーヤ ニラ
ネギ
双方の根圏に棲む微生物が、それぞれに老廃物を分解し合うので、ともに根が活性化され、生育が促進されるとともに、土壌病害が出にくくなる
トマト ニラ ニラの根に共生する拮抗菌が分泌する抗生物質が、トマトの代表的な土壌病害「萎凋病」を防ぐ
イチゴ
ウリ科
ニンニク ニンニクの香り成分「アリシン」には強い抗菌力があり、イチゴやウリ科の野菜と混植することで病害虫を防ぐ
カブ
ダイコン
ニンジン アブラナ科につく害虫「モンシロチョウ(アオムシ)」「コナガ」と、セリ科につく害虫「キアゲハ」が、それぞれ寄り付かなくなる。
サツマイモ 赤ジソ 赤ジソが過剰な肥料分を吸収して、サツマイモのつるぼけを防ぐ。また、赤ジソの赤い葉色が、サツマイモを食害するアカビロウドコガネを忌避する。
ショウガ サトイモ どちらも日陰・水分を好む似たもの同士。サトイモの日陰でショウガがよく育ち、また、単独で育てた場合よりどちらも生育が良くなる。
トウモロコシ インゲン
エダマメ
トウモロコシの天敵「アワノメイガ」が寄り付かなくなる。また、マメ科の根に付く根粒菌が空気中の窒素を固定して土壌を肥沃にし、菌根菌がリン酸分などの養分を吸収しやすくする。
トマト
ピーマン
ラッカセイ ラッカセイの根に付く根粒菌が空気中の窒素を固定して土壌を肥沃にする。また、根に付く菌根菌がリン酸分などの養分を吸収しやすくする。
ナス パセリ セリ科独特の香りが、ナスにつく害虫を忌避する。また、パセリは余分な水分を吸収し、ナスの株元を覆ってマルチ代わりになることで水分吸収を安定させる。
タマネギ クリムソンクローバー タマネギにつく害虫「アザミウマ」を引き受け、天敵も呼び寄せる。
ホウレンソウ 葉ネギ ホウレンソウの害虫は葉ネギを嫌う。また、葉ネギには、ホウレンソウの萎凋病を予防するほか、硝酸を減らす効果もある。

<さらにホルミシスウォーターを加えた場合>
その前に『放射線植物生理学』という言葉はご存知でしょうか?

当方がホルミシスウォーターの開発を本格的に行う前から科学的に植物への応用研究をされていた大学となります。

こちらの内容は、大学側のデータの為、引用ができませんが、、、

また、コンパニオンプランツにつきましては、ほぼ万能な植物もありますそれは、『マリーゴールド』です。

<農業事業者の方へ>
当社では、さらに次世代生ごみ処理機を使用した特殊な液肥なども製造しております。
ご興味が御座いましたら個別対応にて誠心誠意対応致します。
お問合せはこちら
株式会社フジネクステージ
〒510-1253
三重県三重郡菰野町潤田813-6
E-mail.info@fujinextstage.com
担当者 川﨑