ホルミシス玉ねぎ





株式会社フジネクステージ 管理農園にて(ホルミシス栽培法にて)栽培しておりますホルミシス玉ねぎです。
ホルミシス玉ねぎ VS 普通の玉ねぎ
①ホルミシス玉ねぎを湯がいた際の甘さが違う(三重本社へ事前予約頂ければ試食可能)
②食べたあと、整腸作用でお通じが良くなる(お客様の声)
玉ねぎは、女性にとってはうれしいビタミンやミネラルが含まれております。
特にビタミンBの一種で、お腹の赤ちゃんの病気を防ぐ効果のある葉酸が豊富なことは、妊活中の方やこれからお考えの方にもお勧めです。

【玉ねぎの栄養素】
炭水化物
食物繊維
ビタミンB類
ビタミンC
葉酸
カルシウム
鉄分
リン
カリウム

【玉ねぎのちょっとした注意点】
玉ねぎの摂取目安は、半玉から一球/日とされております。
血液をサラサラにする効果など健康効果の高い玉ねぎですが、毎日食べるとどうなるのでしょうか?

殺菌作用の強い物質である『アリシン』というものが胃腸の粘膜に刺激して、胃腸が荒れる場合もあります。特に胃腸の弱い方は加熱して食べることで、緩和されます。

<玉ねぎアレルギーってご存知ですか?>
特に生の玉ねぎやねぎを食べた後に頭痛や腹痛、動悸や息切れ、めまいや吐き気・湿疹の襲われ、さらに嘔吐・下痢、・発熱に見舞われることもあります。
また、生の玉ねぎを触った手が腫れるなどの症状が出ることもあります。

<貸農園 責任者からのお知らせ>
玉ねぎは、健康のいいものです。しかしながら健康にいいものでも、お子様や本当は食べるのが嫌だったりすると心にいい影響をあたえません。他の食べ物からでも同じ成分は摂れますので、同じものばかり栽培をせず、バランス良く栽培することをお勧め致します。


<栽培方法 期間(お勧め)>

ホーム玉ねぎ(オニオンセット)を使用した栽培方法

ホーム玉ねぎは、一般的な玉ねぎと違って春に種播きを行い、小さな球になるまで育てます。

ホーム玉ねぎは、すでに小さな玉ねぎのような状態まで育っているので、栽培期間がとても短いのが特徴です。

植え付け適期を守れば、年内の収穫も見込めるので、真冬に新タマネギを楽しみたい人にはぴったりです。

また、前作と次作の植え付けや収穫の都合から、短い期間しか畑が空かないという人にもお勧めです。

植え付け適期は、7月下旬~9月上旬となっているものもありますが、多少前後しても問題はありません。

年内の収穫でなくても良いのであれば、10月下旬に植え付けて翌年の3月下旬~4月に収穫する方法もあります。

お問合せはこちら
株式会社フジネクステージ
〒510-1253
三重県三重郡菰野町潤田813-6
E-mail.info@fujinextstage.com
担当者 川﨑