ホルミシス再生野菜

<ホルミシス再生野菜とは>
野菜には、再生能力があり、ホルミシスウォーターを使用した水耕栽培で特に成功しやすいものを以下にまとめました。

 葉物野菜  小松菜、チンゲンサイ、モロヘイヤ、ミズナ、セリ、ミツバ、クレソン
 薬味野菜  ネギ、ニンニク
 根菜  大根、ニンジン
◎印は、根の部分ではなく、葉の部分を再生させて食べます。

<ホルミシス再生野菜の特徴>
基本的には、根が付いているものは、ほぼ(※1)再生可能です。
※1 一部、水耕栽培には不向きな植物もありますが、ホルミシス土壌があれば可能です。

ネギ  ネギはとても生命力の強い野菜です。
ホルミシス水耕栽培で極めて失敗が少ない、おススメの野菜の一つです。
明日から根の部分は捨てないでください。

<栽培方法>
ネギの場合は丈があるので、コップなどの深い容器がオススメです。
スポンジなどを容器にあわせて切り取って、切れ目を入れたところにネギを差せば、簡単に固定できます。

【手順1】
ネギは根元から5cmくらいを残してカットして、根の部分が完全にホルミシスウォーターに浸るように容器に入れます。

【手順2】
ホルミシスウォーターの臭いが臭くなりましたら新しいホルミシスウォーターに入れ替えて下さい。
カーテン越しの日光の当たる場所に置いて栽培します。

【手順3】
3~5日で新しい目が伸びてきますので、充分に育ったら収穫しましょう。

収穫した後も水耕栽培でそのまま育てることも可能ですが、数回収穫すると株自体が弱くなります。さらに繰り返し再生を行う場合、一旦、ホルミシス栽培土にそのまま植えて、数回収穫した後で、水耕栽培を繰り返し行うことで、無限∞栽培が可能となります。

<おススメの食べ方>
薬味として大活躍するネギですから、再生野菜を育てていると大変重宝します。水耕栽培の場合、お味噌汁に少し入れるなど、食卓の彩りとして使いましょう。

カップ麺に入れると、インスタントも高級な味になります。
豆苗  豆苗はえんどう豆の若菜で、豆の栄養と葉物野菜の栄養の両方の栄養素を併せ持つ野菜です。ビタミンCやβ-カロテン、葉酸やタンパク質などの栄養がバランス含まれており、アンチエイジングや美肌、デトックス効果など、女性に嬉しい美容と健康に非常にオススメの食材です。

<栽培方法>
成長に必要な豆の部分がついている状態で売られているので、実は再生野菜に最も適している野菜です。

【手順1】豆から4~5cmくらい上の位置でカットして容器にいれ、根元部分だけが浸る程度のホルミシスウォーターを入れます。成長すると丈が高くなりますので、深めの容器を使うといいです。(ギリギリにカットすると成長が遅いので、少し長めに残してカットしてください)

【手順2】
日当りの良い室内に置き、ホルミシスウォーターの臭いが臭くなりましたら新しいホルミシスウォーターに入れ替えて下さい。
日当たりが悪いとヒョロヒョロとしてしまうので、カーテン越しに日光を当ててやりましょう。

【手順3】
7~10日程で新しい芽が伸びてきますので、次々に収穫して長く楽しみましょう。
豆から養分が得られるので、肥料等が無くても長い期間収穫ができます。

豆苗はパッケージの中でも成長を続けているので、買ってきたらすぐ処理をして、新鮮な根を使ってください。

<おススメの食べ方>
豆苗はお浸しでも炒め物でも食べられますが、ビタミンAやビタミンEの吸収を助ける為に、オリーブオイルやナッツ類、ゴマなどと一緒に炒め物として調理することで、アンチエイジングに効果的です。
小松菜 ほうれん草に比べてビタミンAやカルシウムを多く含む小松菜はアクがなく、食べやすい野菜です。

<栽培方法>
小松菜は根の部分を切り取ってしまっても、根元から可愛い葉っぱが生えてきます。

【手順1】小松菜は根の部分から5cm位上のところでカットします。
容器に入れて根っこが浸るくらいまでホルミシスウォーターを入れますが、息ができずに腐ってしまうことがありますので、切り口部分はホルミシスウォーターから出しましょう。

【手順2】
日当りの良い室内に置き、ホルミシスウォーターの臭いが気になりましたら必ず交換しましょう。

【手順3】
1週間ほどで少しずつ葉っぱが伸びてきます。順調に育てば10~15日位で柔らかな葉が収穫できます。

<おススメの食べ方>
小松菜にはビタミンが豊富に含まれていますが、それらを効率よく摂取するためには、抗酸化作用の強い香辛料と一緒にとるのがおススメ。カレースープの具材などにも最適です。
水菜やミツバ  美肌を作るβカロチンをたっぷり含む水菜や、塩分の排出を助けるカリウムを豊富に含むミツバなどの根っこがついた状態で売られている野菜も再生野菜に向いています。

<栽培方法>
水菜やミツバは独特の葉の形や芳香があるので、インテリアにするのもオススメです。

【手順1】
水菜やミツバは根の部分から5cm位上のところでカットします。
容器にいれて根っこが浸るくらいのホルミシスウォーターを入れて栽培しましょう。ミツバはスポンジがついたままでOKです。

【手順2】
日光が足りないと細い葉しか出てこないので、カーテン越しに日の当たる窓辺で育てましょう。日が当たるぶんホルミシスウォーターも劣化しやすいので、最低でも3日に1回は交換してください。
また、密集していると腐りやすいので、より念入りに根元のヌメリをとってください。

【手順3】
1週間ほどで柔らかい葉がでてきますので収穫します。水菜やミツバもホルミシス栽培土に植えると旺盛に再生して、沢山食べられます。お試しください。

<おススメの食べ方>
水菜のミツバもシャクシャクとした歯ごたえを楽しみたい野菜です。水菜とミツバをさっと茹でてお浸しにすると、簡単に食卓に1品を増やすことができます。

<上級編>
意外や、意外!キャベツも芯から再生できます。
ホルミシス水耕栽培で成功している個人の方やグループ(企業・団体問わず)もいますが、難易度は高めです。失敗してもダメでもともとという気分でトライして頂いた方が良いです。

<栽培方法>
少しだけ葉の根元が残っているか、内側の小さい葉が数本残っている芯が育てやすいです。

上記のグループの中には、1/2や1/4カットで購入したキャベツの芯から再生に成功した強者もいます。

【手順1】
キャベツの芯は斜めに包丁を入れて円錐形に切り取ります。浅い容器に1㎝ほどホルミシスウォーターを張り、芯の葉の出る部分が水に浸からないようにして育てましょう。

【手順2】
明るい室内で、ホルミシスウォーターを2日に1回交換して育てましょう。芯の部分が茶色くなってきても問題はありません。
ホルミシスウォーターの交換の時には、ヘタの底の部分はよく洗ってください。

【手順3】
1週間程で若い葉がでてきて、2週間程すると立派なキャベツの葉が出てきます。
育ったものからナイフで切り取って収穫しましょう。葉が出てきた状態でホルミシス栽培土に植えるとよりキャベツっぽく、収穫量もぐんと増えます。

<おススメの食べ方>
上手に育てると、大きな葉が収穫できるのがキャベツの醍醐味です。
同様に白菜でも再生野菜が可能です。柔らかいので、炒め物の最後にパッと入れて美味しく食べましょう。花が咲くこともあり、種も収穫してまたホルミシスウォーターで発芽させて・・・無限∞収穫に繋がります。

≪注意点≫
伸びた根にヌメリが付いている場合、しっかりと取ってあげて下さい。
水の色よりも臭いの方が重要ですが、嗅覚に自信が無い場合、1週間に1回は水を交換してください。

<今回紹介した再生野菜をスーパーで買うと・・・>
ネギ(青ネギ)1本・・・80円位
豆苗1㎏・・・500円位
小松菜1束200ℊ・・・150円位
水菜1束200ℊ・・・100円位
ミツバ1束200g・・・160円位

<一番大事なのは鮮度>
もちろんコストのことも重要ですが、ホルミシス水耕栽培の場合、鮮度が産地直送となります。
ご自宅で栽培して収穫、残った種はまた来年に・・・
ホルミシスウォーターがあれば、無限∞収穫が可能です。

<お客様の声>
1、食べられない、捨てようと思っていたものから野菜が再生できたので、びっくりしました。
2、普段買っている野菜くずから再生できるので、野菜の値段(最近上昇しても)が気にならなくなりました。
3、普段購入する野菜よりも新鮮で、一度始めたら辞められないです。
4、食費が逆に下がり、子供達も積極的に世話をする様になり食育と植育が出来て一石二鳥です。

その他、健康にお悩みの方がホルミシス水耕栽培を行うことで、健康を取り戻すことに成功したなど、賛辞の声を多数頂戴しております。


お問合せはこちら
株式会社フジネクステージ
〒510-1253
三重県三重郡菰野町潤田813-6
E-mail.info@fujinextstage.com
担当者 川﨑